<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

節約志向、おせちに追い風

 おせち料理商戦が早くも本格化している。所得・雇用不安から消費者の財布のひもは固いが、「おせちは特別」という日本人の心情に加え、節約志向で逆に正月に自宅で過ごす人が増えることが追い風になるとの期待もある。このため、スーパーや百貨店各社は、低価格でも、新趣向やこだわりを盛り込んだおせちをアピールしている。

セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂は、16日からおせちの予約を178店舗で始めた。14品と昨年よりも3品増やし、価格は4800~4万円と、昨年の5800~5万2500円から引き下げた。人気料理教室を運営する浜内千波氏が監修した「よくばりおせち二段重」は9800円と、二段重おせちとしては初めて1万円を切る価格に設定。「和洋中の人気食材を集めるなど内容を充実させながら、リーズナブルな価格を実現した」(セブン&アイHD)という。

 ダイエーは1日から9800円の「和風おせち四段重 祝」など51品目のおせちの予約を開始。1日から11日までの予約件数は前年の3倍超で、なかでも和風四段重おせちが好調。昨年まで売れ筋のおせちの販売数量は4000個程度だったが、四段重は1万2000個を目標に設定した。食材の大量調達や配送の集中化などで、「通常なら1万2600円程度でもおかしくない商品を、値ごろ感のある価格まで下げた」(ダイエー)。

---------------------
おせち料理は、毎年 食べ残すもの多くて 来年は廃止にしようといつも思ってしまいつつ、
年末になると用意してしまうのですよね・・・
今年は、ずいぶん価格い幅があって ちょうど良いものがありそうかな?
[PR]

  by hranice | 2009-12-13 15:20

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE