<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

男闘呼組・元メンバー大麻所持容疑で逮捕?

 ジャニーズの人気グループ「男闘呼組」元メンバー、成田昭次(本名・成田昭二)容疑者(41)が大麻取締法違反(所持)容疑で9月27日、警視庁渋谷署に現行犯逮捕されていたことが分かった。渋谷署によると、成田容疑者は「自分で使うために持っていた」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、27日深夜、渋谷区内の自宅で袋入りの乾燥大麻数グラムを所持したとしている。内偵捜査していた渋谷署が家宅捜索したところ、乾燥大麻が発見されたという。


 成田容疑者は男闘呼組でボーカル・ギターを担当していた。93年のグループ解散後は、ジャニーズ事務所を離れバンド活動をしていた。

-------------------
芸能界でこれだけ騒がれているのに、所持してたというのは悲しいですね。
内偵捜査されていたのなら、確信があって警察も動いていたとしか思えないですね。
ファンだった人はきっと残念でしょうね。
[PR]

  by hranice | 2009-09-28 21:01 | 日記

デスクマットで皮膚炎?

 文房具大手のコクヨS&T(大阪市)製の一部のデスクマットに使われた抗菌剤が原因で、使用者がアレルギー性皮膚炎を発症する被害が止まらない。同社は3年前から対象製品を自主回収しているが、今年も15人の被害報告があり、累計の被害者は約1200人に上っている。

 問題の製品は「デスクマット軟質(非転写・抗菌仕様)」のうち、97年10月~00年8月に生産された35万3千枚余。マットに素肌が触れ、皮膚から抗菌剤が吸収されると、人によっては体が過剰反応し、赤くはれたりかゆみが出たりする。経済産業省所管の独立行政法人・製品評価技術基盤機構(NITE〈ナイト〉)が05年10月に医療機関から報告を受けて原因究明に乗りだし、06年8月にピリジン系有機抗菌剤が原因と特定した。

 同社は99年からそれまでに発症の連絡を10件以上受けていたが、NITEの情報提供を受け、自主回収(代替品との交換)を始めた。回収できたのは今年8月末時点で5万7千枚余(16%)。同社は「消耗品なのでかなり廃棄されたはず。残りは非常に少ない」とみる一方で、「回収をやめる考えはない」としている。

------------

アレルギーというのは本当に厄介ですね。
まさか、デスクマットで起こるとは考えないですよね。
夏など汗をかいたら、余計 被害も多かったでしょう。
アレルギーの方は、デスクマットを使わないほうが良さそうですね!
[PR]

  by hranice | 2009-09-20 19:49 | 健康

白ネギシチューのCM

富山の特産品の白ネギをアピールしようと、ハウス食品は10月から、同社のシチューと白ネギを組み合わせたテレビコマーシャルを県内で放送する。県が進める地産地消の取り組みと、野菜を食べてもらう活動をしている同社の思いが一致。白ネギの新しい食べ方を提案し、地場産野菜の消費拡大を目指す。

 白ネギは出荷高で県産野菜の約3割を占める主力品で、県内だけでなく愛知や岐阜にも出荷されている。15秒間のコマーシャルには、富山市の白ネギ生産者の沢瀉(おもだか)勉さんと家族が出演し、「地元の野菜を味わってください」と呼びかける。

 同社によると、白ネギはみそ汁や冷ややっこなどの薬味や鍋物で食べることが多く、シチューに使う人は0.1%以下という。県内で活動する「野菜ソムリエ」の倉田真理子さんは、「白ネギは体を温める野菜。加熱することでシチューにもうまみが加わって一石二鳥」と評価する。県はテレビコマーシャルのほか、県内のスーパーの野菜売り場でも売り込む予定だ。

-----------
シチューというと、たまねぎというのが定番ですよね。
白ねぎにしたら、どんな味になるのでしょうね!
ちょっと試してみたいです。
もし、おいしくなければ ハウスさんだってCM参加しませんよね!
[PR]

  by hranice | 2009-09-12 15:51 | 日記

イノシシと車衝突、女性死亡

三重県菰野町音羽の町道で、「山林に車が突っ込んでいる」と通行人から110番があった。
四日市西署員が駆け付けたところ、乗用車が道路脇の木に衝突していた。
運転していた女性は病院で死亡が確認された。

現場近くにイノシシ2匹が死んでおり、同署は女性の車とイノシシが衝突したのが原因とみて調べている。

同署によると、死亡したのは同町潤田、ホテル従業員山本順子さん(58)。
現場は道幅8メートルの片側1車線の直線で、車から80メートル離れた場所で親子とみられるイノシシ2匹が死んでいた。
 
現場にはイノシシが車に引きずられた跡があり、同署は道路を横断したイノシシと車が衝突した後、女性がハンドル操作を誤り、木に衝突したとみている。

道路には街灯がなく、イノシシやシカがたびたび出没するという。

-----------
どんなところで交通事故にあうかわからないですね。
イノシシやシカが相手では 恨むに恨めないですし、ご家族の方は本当にくやしいでしょう。
イノシシは親子で、とびこんできたのでしょうか?
[PR]

  by hranice | 2009-09-06 18:23 | 日記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE