カテゴリ:保険に関する情報( 4 )

 

保険の見直し、したことありますか?

家計に潜むムダには、気がつきやすいものと、そうでないものがあります。例えば食費は十円単位でも目につきますし、少し大きな買い物をすれば、割に合う出費だったか否かを後で考えるものです。ですから節約を考える上で意識していただきたいのは、"気づきにくいムダ"。これをいかに減らすかなのですね。ご自分の口座から、当たり前のように月々引き落とされる生命保険の保険料は、その代表といえます。

保険料のムダを洗い出すには、大きく二つのポイントがあります。ひとつはほとんどの方が、最初の時点で保険の内容をちゃんと把握せずに加入しているということです。それがご自身や家族ふさわしい保障内容か。具体的に自分がどうなった時に、いくら支払われるのか。よく分からないまま、「みんなと同じような内容で」「とにかく不安だから特約をあれもこれも」といった保険に、勧められるまま加入した。そんな方が多いのではないでしょうか。自分に必要な保障は何か。そこから改めて考えれば、保険料を今よりも抑えることができる方が多いと思います。

もう一点は、保険に入ったことで安心してしまってはいませんか?ということです。かかえている不安は人それぞれ。その不安の大きさも、年を経ると共に変わります。せっかく加入した保険だから、いざという時に役に立ち、同時にムダをなくすために、"いま現在の不安とは何か"を整理し、それを保障に反映することが大事なのです。

「節約のレシピ」

保険料の負担というのは、けっこう大きいですね。
最近は外資系の保険会社もあったり、国内の昔からある保険会社が合併したり
なんとなく、このまま払い続けていていいのかなぁって思うことありますよね。
ムダな出費なら控えたいですよね。
[PR]

  by hranice | 2009-07-10 16:00 | 保険に関する情報

できるだけ安く・・・

自動車保険を安くする一番の方法は「事故を起こさないこと」。無事故だと毎年安くなっていくのです。その他様々な割安制度があり、保険を見直すきっかけになるかもしれません。
(自動車保険比較見積もりサイト より)

保険料、高くありませんか?

保険総合
[PR]

  by hranice | 2007-05-22 20:16 | 保険に関する情報

生命保険とは??

保険の中で第1分野に分類される生命保険。被保険者の死亡時、また約定の条件を満たしたときに、一定の金額を給付することを約する保険。人保険です。人保険には第3分野と呼ばれる医療保険、がん保険、介護保険なども入ります。

現在、日本の生命保険の普及率は世帯加入率90%以上と非常に高く、万が一の備えという役割だけでなく、将来の蓄え、老後資金、教育費など、目的にあわせて資金の準備をする生活に不可欠な保障となっています。

生命保険 比較
[PR]

  by hranice | 2007-04-23 17:44 | 保険に関する情報

自動車保険について

私たちの生活の中で、より身近でリスクが高いものの一つとして自動車があげられます。
交通事故による死亡者は全国で毎月600人以上。年間の負傷率は国民の約1%。100人に1人は事故で怪我をしている計算です。

実際、交通事故を起こし、他人のものを壊してしまった場合や、被害者が要介護認定や、植物状態などで、損害額が2~3億円というケースもあります。損害賠償額の高額化に伴い十分な賠償資力が必要になっています。自動車 保険は自動車を持っている人に、必要不可欠な保険なのです。

また、近年の保険業界の変革の中で、もちろん自動車保険も自動車保険料率の自由化などで急激に変化しています。企業努力のなかで無数の商品が生まれ、優れたサービスも多数用意されています。

保険は自分で選ぶ時代です。自分に必要な補償を考え、多くの保険会社の保険商品やサービスを比較し、充実の補償を得る為、自分に合った商品を賢く選びましょう。

自動車保険 見積り
[PR]

  by hranice | 2007-04-19 12:38 | 保険に関する情報

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE